製品を設計するときに大切なこと|木型で試作を作る

できるだけ安く購入する

システム

顕微鏡など高価なものを購入する場合できるだけ、安く購入したいものです。オンラインショップを利用すると簡単に最安値で購入することができます。またオークションを利用するという手もあります。

Read More..

中古で買う時の注意点

仕事する男性

顕微鏡は高価なので中古で購入を考えている人もいるでしょう。中古なら安く変えるため魅力的です。しかしあまり安すぎるものはコンディションも悪いことが多いため注意が必要です。

Read More..

トラブルを未然に防ぐ

IT

設計時には材料の性質を活かすことが大切です

金属の製品を設計する時には材料の性質をしっかりと知らなければならないのです。例えばアルミは柔らかいけど伸びやすいので、割れる心配は少ないと言うことや、超硬合金は硬度は高くて傷つかないけれど欠けてしまう場合もあるなどです。引張試験は材料を両側から引っ張ることによってその性質を知るという事を目的として行われます。金属は叩けば薄くすることが出来ますし、引っ張れば細く伸びていくという性質を持っています。そうなので、実際に金属を材料にする時にはどれくらいの負荷に耐えられるのかを測定しておくと、設計図を描くときにも方向性を決めやすいのです。引張試験で金属はどれくらいの力に耐えられるのかを知ることが出来るのです。また試作時には木型を製作することも大切です。試作品を作ることで完成前に不具合やトラブルを防ぐことができます。試作にもいろいろありますが、木型を利用するメリットはコストを抑えて製作できるところです。また改良や変更を加える際にも気なら加工が簡単にできます。

引張試験をするときに工夫をする

金属は温度に左右されやすい性質を持っています。ですから、引張試験を行う時には一定の温度を保つと、安定したデータを得ることが出来ます。金属は熱くなると膨張して密度が下がりますし、冷たくなると縮小して密度が高くなります。このように密度が違う状態で引張試験を行っても意味が無いのです。できるだけ安定した環境で引張試験を行うことで、金属の性質を把握することが出来るのです。実際には金属の種類によってある程度の予測をつけることは出来ます。ですが、材料の太さや長さ等によっても耐久性は変わってきてしまいます。ですから、引張試験のような実践的な実験を行って金属の性質を調べるのです。理論だけでは全てを理解できないのです。

接着力を測る

ネットワーク

外壁に多く使用されているタイルですが、実際に使用する前にきちんとくっつくことができるか引張試験を行ないます。なぜなら剥がれ落ちて落下すると危険だからです。試験の方法は次のとおりです。

Read More..